もっと仲良くなる喧嘩の仕方♡

魂で生きるとうまくいく!魂で生きる方法をお伝えしています!

ソウルメッセンジャー、メンタルコーチの山添ともこです。

今日は、「喧嘩の仕方」についてのお話です。

家族や人生を共にするパートナー、ビジネスパートナー、親友など

近しい関係になるほど、「喧嘩の仕方」は重要です。

基本的に、”喧嘩もできない” というのは、

良いパートナーシップとは言えないのではないかと思っています。

喧嘩の後、お互いにより相手を理解でき

それまで以上に良い関係性を築けること。

わたしはこれが良いパートナーシップだと思っています。

思っていることを言えない我慢が続くと

いつしか苦しくなってしまい、

相手を嫌いになったり、離れたくなったりするもの。

今日は、喧嘩の後、より良い関係性を築くためのポイントをお伝えしたいと思います。

ここでは、今後も相手と仲良くしていきたい、

そう思っていることを前提にお話を進めています。

【もっと仲良くなれる喧嘩の仕方】

① 自分が思っていることを正確に伝えられること。

自分が思っていることを伝えない限り、相手との関係性は変わりません。

“普通わかるでしょ?!” は、絶対にわからない。

日本人女性はエスパーか?!というくらい、察する能力が高いのですが、

特に男性は、言わないと気付かないです。

まずは、自分が何をどう思っているのかに気づくこと。

これが一番初め。

② これから先、相手にどのようにして欲しいのかを言葉にできること

怒りや悲しみを伝えた後は、これから先、相手にどうして欲しいのかを伝えます。

こんなふうにしてくれたら、嬉しい。助かる。やりやすい。

特に男性には、ただ気持ちをぶつけるよりも、

具体的にどうして欲しいのかを伝えることが大切です。

③ 相手が変わるのを気長に待てること

自分の気持ちや希望を伝えたからと言って、すぐに変われる人はいません。

気長に待ってあげる。これもまた、大切なこと。

自分の気持ちをきちんと伝えているだけでも

「我慢してこの苦しい関係を継続する」という世界からは

まず、脱します。

昔のわたしは、①の段階で、大きくズレていました。

自分が思っていることが、自分でわかっていなかったのです。

「寂しいから一緒にいて」

「浮気しないで」

「わたしを見て」

「そんなふうにわたしを扱わないで」

これは多くの場合、本音じゃないし、

寂しさや満たされない自分の中の何かを、

相手で埋めようとしていることがほとんどです。

寂しさが怒りにすり替わっているパターンも多いです。
(過去のわたしです(~_~;))

自分に空いた穴は、自分でしか埋められない。

相手との関係性を良くする前に、自分との関係性を良くすることが一番大切。

離婚後、長い時間をかけて自分と仲良くなれたわたしは、

少しずつ①が、そして次に②ができるようになりました。

①がズレていると、②は絶対にズレるので、

相手は意味わからないです。

そして③、気長にも待てるようになった。

昔のわたしは、言ったらすぐにやってくれないと

怒ってました(~_~;)

おー、怖(~_~;)
(元夫は大変だったろうなぁ)

昔は、パートナーが常に一緒にいてくれないと生きていけないと思ってたけど、

今は、ずっと一緒にいたらわたしは死んでしまう、と思っています。

自分のセルフイメージがだいぶズレてた!笑

こんなわたしも成長しました!笑

まずは、自分が何を望んでいるのか、

表面的なものじゃなくて、潜在的に感じていることに気づいていくとからスタートです♡

では、また。

今日もいい1日でありますように♡